お顔の黒ずみ解消方法

黒ずみは毛穴の汚れが溜まり、古い角質などが蓄積してできてしまいます。
ほうっておけばさらに悪化し、目で見てすぐに分かるくらいの黒ずんだ毛穴をしてしまいます。

身体の部位によって皮脂の分泌量は変わりますので、場所による対処方法をしていくといいでしょう。
早く毛穴を改善したいと思って間違ったケアをしないことも大切です。

汚れを取ってくれるからと週に何度もピーリングで肌を傷つけることも危険です。また強力な吸着力のあるはがすタイプのパックなども肌が弱いと余計に傷つけ、肌が持っているターンオーバー機能を損なってしまう事もあります。

開いた毛穴は汚れを溜めこみやすいので毎日のクレンジングが必要となります。

良質な天然のオイルなどでメイクを落とすと角栓が取れやすくなるので、長年の汚れが蓄積してしまっている人はオイルクレンジングを取り入れるといいでしょう。
毎日湯船につかる事も毛穴が開きやすくなるのでおすすめです。

時間が無い人はホットタオルを顔にかぶせたりするだけでも毛穴が開きやすくなります。
毛穴の汚れを浮かしやすくし、細かい泡の洗顔などをすればさらに汚れが取り除かれます。

毛穴ケアは肌をいたわりながらあきらめずに正しいケアをすることで改善することができます。
自己流の間違ったやり方は肌を傷つけ、毛穴の汚れや開きを進行させてしまう場合がありますので注意したいですね。

黒ずんだ毛穴の原因を理解することでより早く治すことができます。

人によって皮脂の分泌量も多少変わってきますが、正しいケアと同様に食事を見直すことも大切です。
スキンケアをしていても毛穴の汚れが改善しない場合は、偏った食生活や生活習慣病やストレスも要因のひとつと言えるでしょう。

毛穴の汚れは皮脂が詰まった状態なのですが、その皮脂分泌を促すのが脂っこい食べ物、揚げ物やスナック菓子、洋菓子などの身体に悪いトランス脂肪酸といわれています。
いくら毛穴ケアにいいと言われる化粧品や洗顔剤を使っていても、身体の内部からもしっかりケアができていないと意味がありません。

自炊をしないで外食やコンビニエンスストアのお弁当、お菓子で食事を済ませていれば当然身体を悪くしてしまいます。

栄養素が身体に行き届かず、血液はどろどろになってしまうでしょう。理想の食事は昔ながらの和食で味噌などの発酵品を摂ったり、ご飯を良く噛んで食べることで消化酵素も出てきます。

お手軽に食べれるパンやパスタは栄養があまりなく、よく噛まないで食べるのでお勧めできません。

仕事で忙しく自炊の時間が取れない人も週末だけでも自炊をするなどして少しずつ、外食から離れるのがいいでしょう。
間食もお菓子を止めて果物や野菜などを食べるとビタミンを摂ることができます。
また身体を温める温かいお茶などを飲むのも肌が綺麗になります。

身体の内と外と両方からケアすることで毛穴の汚れは次第によくなるでしょう。
いろんな面から見直すことで毛穴の汚れを解決できると思います。

  参考 脇の黒ずみ専用クリーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする