バラの花についての考察

古来から人々はバラに対して特別の思いを抱いてきました。プレゼントにバラを選ぶということは、現代でもちょっと改まった気分にさせられます。

ほかの多くの草花と同じようにバラにも興味深い歴史もあります。遠くはエジプトのクレオパトラに愛され、ナポレオン妃ジョセフィーヌに愛されてより美しく、より高貴にと品種改良が進められてきました。現代では不可能の代名詞とまで言われた青いバラの作出にも成功し、新鮮さを長く保つプリザーブドフラワーまで出現しています。

世界の貴婦人たちや有名な女優たちの名前を冠したパラがあることは多くの人が知っています。それほどバラは人々から愛されている花なんですね。

バラはその特長によっていくつかの種類があります。たとえばハイブリッドティー、フロリバンダ、ポリアンサ、パティオ、ミニチュアローズ、つるバラ、モダンシュラブ、グランドカバー、イングリッシュローズ、オールドローズなどです。バラは鑑賞のみではなく、実用性もある植物です。

特に女性の美容や健康に良い影響を与える成分が含まれているので、ジャムにしたりローズティーにしたりして楽しむのもとても良いことです。日本酒で作ったバラのお酒などというのもあります。さらに香りには神経を休める働きがあります。

ローズオイルの香水とまではいかなくても、インセンスなどで気軽にリフレッシュするのもいいと思います。切花としてだけではなく、鉢植えでもバラを楽しみたいと思ったら、バラ専用の用土を使って肥料も置肥と水肥を中心にするなどある程度の基礎的知識は必要です。手ごろな書籍などで勉強してください。

また、バラのプレゼントには便利な配送システムを利用するのが良い場合もあります、心得ておきましょう。プレゼントされたバラは適正な世話をすることによって長くその新鮮さを楽しむことができます。

バラは花木の一種です。種類は豊富で、原種に近いものもあれば改良に改良を重ねたものもあります。

バラは花の色や葉の形が美しくて芳香があり、とげがある植物だと思われていますが、すべてのバラがそうだというわけではありません。

無香性のバラもありますし、とげの無いバラもあります。いずれにしてもたいへん多くの種類があるのですが、私たちが今見ているバラの歴史はナポレオンの妻ジョセフィーヌがバラを愛でたことから始まりました。

彼女はとてもバラが好きで、宮殿の庭に多くのバラを育て、専門の庭師を雇って手入れさせていました。
その頃から種々のバラを掛け合わせて新しい品種を作ることが盛んになったのです。バラにはおおまかに分けてモダンローズとオールドローズがありますね。

オールドローズはだいたい一季咲きで原種の性格が強く、大株になりやすくてうどん粉病などにおかされがちです。よほど広い庭を持っていないかぎり、オールドローズを育てるのは難しいとされています。ですが、オールドローズは芳香性のある品種が多くあり、花姿は趣きに富んでいます。モダンローズは中国のティーという品種と日本のノイバラを掛け合わせてできました。

その第一号はクリーム色にピンクが混じった花びらを持つピースというバラです。モダンローズにはハイブリットティー、フロリバンダ、ツルバラ、ミニバラ、ポリアンサなどの種類がありますが、どれも手入れしただけの成果が期待できる育てやすいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする