これからお肌が乾燥する季節

頭皮だって乾燥する
乾燥肌と言っても、今は体、顔、髪の毛・・・それぞれ場所別に色んな洗剤が出ているので、それぞれ皮膚のケアの仕方が違うような気がしてしまいます。
でも、まるぼうずにした人を見たら一目瞭然、当たり前ですが顔と頭の皮膚ってつながっているんですよね。

すなわち、顔とか体が乾燥肌の人は頭も乾燥していると言えるのではないでしょうか?
毎日きちんとシャンプーしているのに、ちょっと頭を触っただけで、パラパラと雪がふるように白いものが落ちてきませんか?
なぜこんな風に細かい表現ができるのかと言うと、それは子どもの頃の私自身がそうだったからです。

今思えばアレが頭の乾燥肌だったのかな?と思うのです。
毎日ちゃんとシャンプーしていたし、すすぎだってキチンとして、髪の毛はいつもつやつやで綺麗な健康そのものだったのに、パラパラとフケは落ちてくるのです。

高校では、可愛らしいセーラ服の肩に白いものが落ちて台無しにならないよう、かなり気を使っていました。

今でも頭が痒いときが時々ありますけど、これはきっと肌が乾燥しているからです。
以前と違ってシャンプーは合成化学物質のものは使っていないし、とても肌に合っているのでそれが頭皮を刺激している可能性はないと思います。
そうすると、やっぱり問題は保湿にあるのでしょうか?洗ったらすぐに椿油なんかを塗るといいのでしょうか?
その前に化粧水とかゲルクリームなんかを刷り込んだほうがよいのでしょうか?

今日からいろいろと試してみたいと思っています♪

乾燥を防ぐセラミド

乾燥肌の人やアトピーの子に必要な成分に「セラミド」というモノがあります。
セラミドとは、簡単に言うと細胞と細胞の間にある脂質の主成分の事で、化学物質、細菌、ウイルス等、様々な有害物質が体の内に進入してくるのを防ぐバリアの働きをしています。
乾燥肌の人の肌は、このセラミドの著しい減少が原因で、大事な角質層がはがれ、そこから水分が逃げてしまっているのです。

しかし、このセラミドを補うには、どのような方法が効果的なのでしょうか?
セラミド入りの化粧水やゲル状クリーム等は比較的容易に手に入れることが出来るようです。他には、ちょっと高価ですが、アトピー薬関連の会社がセラミド入りのこんにゃくゼリーを出しています。高価ではりますが結構おいしかったです。

外から直接添付するだけでなく、サプリメントで摂取するという方法も組み合わせてみるとよいかも知れませんね。

あとは、基本ですが、普段食べている食事から摂取することです。
大豆、米、小麦、ほうれんそう、キビなどにもセラミドは含まれていますので、大体の人は毎日少しずつ摂取できているとは思いますが、中でもこんにゃくには特にたくさんのセラミドが含まれています。
生芋こんにゃく100グラム程度で、セラミドの1日の必要摂取量の600マイクログラムを満たしてしまいます。
カロリーゼロでダイエットにもなり、しかも乾燥肌にも嬉しい食品なんて最高ですね。
冬場でしたら煮物やおでん等にしても良いです。またこんにゃくステーキやこんにゃくサラダなど様々な調理方法がありますので、色々と工夫して沢山摂取したいものです。

しかし、大切な注意点が一つあります。それは「生芋」こんにゃくである事です。商品裏面の原材料を見て「生芋」と書かれているのを確認して購入してください。

乾燥肌にはコラーゲンサプリも効果的

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする