月経前症候群(PMS)について思うこと

わたしは、比較的生理が重いほうでした。働き始めてからはますます酷くなって、生理が始まる前から不調を感じるようになりました。
当時はまだ、月経前症候群という言葉もPMSも知りませんでした。

ただ、なんかおかしいな、という程度だったのが年を経る毎に辛くなっていきました。
わたしの場合、生理予定の1週間前から胃がムカムカしてきます。そして、生理痛のような痛みがじわじわとやってきます。

我慢できないほどではありませんが、不快ですし、時々強く痛むので痛み止めが欠かせませんでした。
しかも、生理前の痛みで胃や腸まで痛くなり、吐き気もずっと続いていました。

吐き気を感じながらも、すごくお腹も空くようになりました。
普段はそんなに食べない脂っこいものを食べてしまい、また胸やけして吐き気をもよおしていました。

吐き気や食欲と共に増すのが、睡眠欲です。
生理前はとにかく眠く、夜10時には眠くてフラフラになってしまうくらいです。

家にいる時には寝ますが、会社にいたり運転中も眠くなるので、辛かったです。
頭も痛くなることがあり、生理前からヘトヘトになってしまうことが毎回でした。

何よりも辛かったのは、気分が落ち込むことでした。
仕事中、何もないのに涙が出たり、ちょっとしたことで塞ぎこんでしまうようになりました。

この状況はおかしいと思い、調べてみたらPMSという症状だと分かりました。
それまで原因も分からず不安なことばかりでしたが、名前を知ったことで対策を考える余裕が出来たと思います。

わたしは、PMSが日常生活に多大な影響を及ぼしていたので、婦人科に行き相談しました。
検査をしてもらい、女性ホルモンを抑えるピルを処方してもらいました。
ピルを服用してすぐに月経前症候群から解放されました。

ピルを処方される方も多いようですが、その前にサプリメントを試してみる価値が有るかと思います。
薬に抵抗のある方はまずは安全安心なサプリメントですよね^^

こちらのサイトでPMSに人気の市販されているサプリメントが紹介されていますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする