ニキビについて

 ニキビや吹き出ものなど、お肌に何らかのトラブルがある場合、使う化粧品には細心の注意をはらうことが必要です。メイク用品はもちろんですが、化粧水などの基礎化粧品は、ニキビなどの症状を悪化させないよう慎重に選びます。にきび化粧品とは、にきびができている肌にも優しい化粧品のことです。

いろいろなメーカーから、基礎化粧品からメイク用品までさまざまなものが発売されています。にきびができている時は油性の化粧品を使うと、毛穴を塞いでしまうばかりではなく、にきびを悪化させてしまいますので絶対使わないようにします。また、化粧品は無添加のものや自然派のものを使うようにしましょう。

毎日のケアで、重要なのはやはり洗顔です。アルカリ性の物は避け、刺激の少ない洗顔料で洗顔します。チューブのものでも固形石鹸でも、必ず泡たてネットで弾力のあるキメの細かい泡を作り、絶対にこすらずに肌表面を撫でるようにして洗顔してください。

肌に泡をのせるだけでも泡が汚れを吸着して綺麗にしてくれます。逆に過度にこすると肌に刺激を与え、失った脂分を補おうとますます脂っぽくなってしまいます。また、人によっては、スクラブタイプの洗顔料はあまりお勧めできない事があります。

なぜならスクラブの刺激できびの炎症がひどくなり、より症状が悪化してしまう事があるからです。化粧水については、最近の化粧水を見ると、大体のものに必要な成分は入っているようですから安心して使用してよいといえるでしょう。

注意する点といえば、その人のお肌のタイプによって使い分けると言う事です。乾燥肌なのか、脂性なのかによりますね、脂性の方は、季節やお肌の状態によって、保湿効果の高いタイプとさっぱりとするタイプのものを使い分けると、より効果が出るでしょう。

乾燥肌の方は、保湿効果の高い化粧水を、使いましょう。
大人ニキビの化粧水について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする