乾燥肌対策には食べ物で

乾燥肌のケアとしては、とにかくカサカサした表面に何か潤うものを与えて保護する事が大切ですが、もっと重要なのは日々の食事の内容だと思います。

よくドロドロ血と言われますが、血液の濃度が濃くなり循環が悪くなると肌に栄養が行き届かなくなってしまうでしょうし、体が健康でなければ、肌のターンオーバーも滞ってきて、元気のない肌になってしまうでしょう。また、ストレスが肌に与える影響は顕著です。

ミカンや柿はビタミンCを豊富に含んでおり、風邪にだけでなく、かさつきがちな肌の健康にも大きな力を発揮してくれます。

私は水菜を鍋に入れたりサラダにしたりして乾燥肌対策の食材として利用しています。
他には「ドッグローズ」というバラ科の植物の実で「ローズヒップ」がありますが、これは手軽でその上おいしいです。

「ローズヒップ」はビタミンCがとても豊富に含まれているので、別名「ビタミンCの爆弾」と呼ばれています。
しかも、熱を加えると普通のビタミンCは壊れてしまうのですが、このローズヒップのビタミンCは壊れにくく体内に効率よく摂取できます。
中に含まれているオイルは、リノール酸、リノレン酸という成分からなっていて、乾燥肌を防いだり皮膚を健康な状態に保ってくれます。

普通は、乾燥した状態で販売されていますが、実をそのままの形で乾燥させたものより、細かい顆粒になっている「ファインカット」の方がオススメです。
摂取の仕方は特に決まりはなく自由ですが、一般的にはローズヒップティにして飲みます。
顆粒ですので、ふやけて残った実も残さずに食べることが出来、全てを無駄なく利用することができます。
このふにゃふにゃの実がとてもおいしいので、わたしはこのローズヒップティーが大好きです。
敏感肌の子ども達も大好きなので、乾燥肌対策には欠かせません。

又、栄養豊富なので野菜代わりにカレーに入れたりもしています。
味が特別おいしくなるなんてことはありませんが、味に影響なく沢山摂取できるので、興味のある方は一度試してみて下さい。
乾燥肌にアスタリフトのトライアルセットを試してみませんか